色彩フルールーン - 色彩検定の知識から楽しみながら学ぶ色の世界

色彩と眼の構造-色が理解出来るまでの仕組み

女性の閉じた目

絵の具

色彩検定で必須な目の知識

眼と色の関係

女性の瞳

私たちは色をどのような仕組みで認識しているのでしょうか?考えた事もありませんね!色を感じ取る細胞や眼の構造について色彩検定3級の知識で紹介します。 眼の仕組みをすると色々な発見があるでしょう。

眼の構造

人間の眼はどのようなパーツで構成されているのでしょうか?各部分の役割と構成を下記の図で表してみます。

眼の構造

眼を守るボディの役割

強膜(きょうまく)

強膜は白目部分で眼の一番外側にあり眼を守る役割をしています。

角膜(かくまく)

角膜はレンズの役割もしますが、ゴミやホコリを防ぐ役割もします。

眼に入る光を調整する役割

水晶体(すいしょうたい)

カメラでいうレンズの部分。屈折を調整しピントを合わせる役割をする。

毛様体(もうようたい)・毛様小体(もうようしょうたい)

水晶体の厚みを変える役割をする。毛様体筋だったが改訂された。

瞳孔(どうこう)

眼に入る光の量を調整する役割。

虹彩(こうさい)

カメラで言う絞りの部分。眼に入る光を調整する。又、眼の色を印象ずける部分でもある。

角膜(かくまく)

眼を守る働きの他に、光を屈折させる作用がある。

眼にエネルギーを供給する

脈絡膜(みゃくらくまく)

眼に栄養を供給する役割をもつ。

映像を脳に伝達する。

網膜(もうまく)

映像を結ぶ役割をもつ。

黄斑(おうはん)・中心窩(ちゅうしんか)

脳に映像を伝達する視細胞が多く集まっている部分。

視神経(ししんけい)

脳に映像を伝達する役割をもつ。

盲点

視神経乳頭(ししんけいにゅうとう)

盲点と呼ばれる部分でマリオネット暗点とも言われる。視細胞がない為映像が伝達されない部分。

脳に映像が運ばれるまでの流れ

映像が脳まで届くには幾多の視細胞を経由して辿り着きます。大きく分けると
光→網膜→視細胞→視神経→脳

眼から映像が脳まで送られる順番は下記の通りです。

眼の構造と情報の伝達経路

視細胞の仕組み

視細胞とは色を認識できる錐体(すいたい)と暗い所で働く桿体(かんたい)があります。
錐体は3種類にわかれそれぞれ長波長(赤)を認識するL錐体中波長(緑)を認識するM錐体短波長(青)を認識するS錐体に別れます。

明るい所(明所視)では錐体が働き、暗い所(暗所視)では桿体で見ています。錐体と桿体が入れ替わる時(両方が働いている)を薄明視(はくめいし)と言います。

錐体と桿体の働き

更には錐体は視物質(しぶつしつ)という物で構成されていて、赤プシン、緑プシン、青プシンというもので構成されています。

又錐体に存在するロドプシンという物質は明るい所にいくと退色し、分解されます。ロドプシンは光を吸収する物質で暗い所と明るい所での視感効率に影響しています。

色の見え方は知覚にも影響する

片目だけで見る女性

色の見え方は視細胞で読み取りそれを性格に脳に反映させているわけではありません。
周囲の色を計算して実際に見えていない映像を脳が作り出したりもします。
この章では眼の構造についてお伝えしましたが、色の見え方に関する事は色彩と照明の章色の見え方を参考にして頂けるとわかります。

照明と色の見え方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る

よろしければ、シェアしていただくとうれしいです☆

このエントリーをはてなブックマークに追加