色彩フルールーン - 色彩検定の知識から楽しみながら学ぶ色の世界

センスや知識がなくても奇麗な配色ができる2つのツール

色相環

マンセル色相環

アドビフォトショップのアイコン

初心者でも簡単!に配色できる2つのツール

暖色系の光

配色というとトーンを元にトーンマップ(pccs)を利用して配色技法を学んだり、色相で統一?などある程度色の知識がないと奇麗な配色は出来ません。 しかし、ツールを使えば簡単に、それもプロ並みの配色ができてしまいます。

そのツールについてご紹介致します。

AdobeのKulerという無料ツール

illustratorやphotoshopなどデザイン業界では有名で定番のソフトのAdobe社が提供しているウェブ上で公開しているサービスです。AdobeのIDを取得してアカウント登録をすると自分で配色したカラーを公開したり保存が出来ます。

Kulerがデザイナーにも初心者にも使える理由

デザイナーでも配色について悩む事が多いでしょう。Kulerを使えば、様々なイメージの配色が想像でき、デザイナーにとってヒントを与えてくれるツールなのは間違いないでしょう。 同時に初心者が配色する際に適当に決めてしまう場合が多いと思います。もちろんセンスがあればすごい配色ができるかもしれませんが、 何色にしようか?やどの色をベースで考えるか…など迷ってしまう事も多いでしょう。

このツールを使えば、配色の悩みは解消できます!このツールに沿った色を使えば、自然に調和された配色が設定できるからです。

基本操作は簡単でメニューにある配色方法を選んでカラーホイールをドラッグするだけです。配色技法の種類は以下の通りです。

  • Analogous(類似)
  • Triad(トライアド)
  • Complementary(コンプメンタリ)
  • Compound(複合)
  • shades(シェード)
  • Custom(カスタム)

類似の色相で硬め、統一感をだしたり、一つのカラーのシェードを利用したドミナント配色(支配カラー)などが容易にできるのが特徴です。デザイナーはもちろん初心者の方でも直感的に作れるので 一度使用してみてはどうでしょうか?

Adobe kuler公式ページ https://kuler.adobe.com/create/color-wheel/

デザイナー向けのイラストレーターのカラーガイドを使用した配色

上記で紹介したAdobe社から出しているillustretaorというベクター編集ソフトがあります。 その中に入っているカラーガイドという機能です。

こちらの機能は大変便利でスォッチ、や塗りの色を選択すると勝手にマッチした配色技法のカラーガイドを表示してくれます。

配色方法の種類は様々で定番の補色配色のテトラード、ペンタード、コンプメンタリーなど様々な配色方法が用意されています。簡単な使い方を説明したいと思います。

カラーガイドで配色方法を選択する

イラストレーターカラーガイド

まずカラーガイドがツールパネルに表示されていない人は ウィンドウ > カラーガイドで表示させます。

カラーガイドが表示されたらスォッチでも塗りのパネルでも良いのでクリックして色を選択してみてください。
カラーガイドが現在選択中の色をベースに配色されるはずです。

イラストレーターカラーガイド

カラーガイドで配色方法を選択してみます。するとそのカラーをベースにした色相が表示されます。

スォッチに登録/カラーを編集

イラストレーターカラーガイド編集

カラーガイドパネルの右下で細かいカラーの設定が可能です。又、編集したカラーをカラーグループとしてスォッチに保存もできる便利な機能なので使ってみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る

よろしければ、シェアしていただくとうれしいです☆

このエントリーをはてなブックマークに追加