不思議な色の働きとカラー心理

カラフルな風船

色の働きと言ってあなたは何を思い出すでしょうか?奇麗な花?毎日のファッションのコーディネートやメイク、それとも車の色でしょうか?色は私たちの生活をより 豊かに表現してくれる魔法の様な存在です。
特に生活とかかわり合いの深い色の様々な色の働きと色彩心理効果の基礎について解説していきましょう。

色の心理効果とその作用

色の心理効果とは色を見て冷たいや暖かい、もしくは重たい、軽いなど感じる事です。これは生活の中の様々なところに仕様されていて、気付くと面白くなります。 例に出すとインテリアデザインで良く使われる方法は奥行きを出す為に青色の壁紙にしてみたり、道路工事の工事中などでよく使われる配色でなぜ黄色が使われているのか? と考えると黄色は誘目性が高く目に入りやすいという特性を持っている為です。ここでは色が与える不思議な働きについて解説して行きます。

暖かい・寒い

暖かく感じる色と寒く感じる色とどちらでもない色の図

色の働きで最もポピュラーな心理効果が寒そうに感じる色、暖かく感じる色です。面白い事に体感温度も青い部屋と赤い部屋では3度〜5度の違いを感じられる程です。
食品のパッケージを見るとわかる様に、冷たい飲み物、食べ物は青いカラーが多く反対に暖かい食べ物は赤いカラーが多い事に気付くでしょう。
赤色に近づくに連れて暖かく感じ、青色に近づくと冷たく感じます。全ての色がそう感じるのではなく全く影響がない無彩色や暖かくもなく寒くもない中性色という色もあります。

膨張と伸縮

伸縮して見える色と膨張して見える色の図

左図を見てもらえると分かる様に全く同じ大きさの図形を中心に置きましたが、黒は小さく、白は大きく見えます。

色の変化で膨張して見える伸縮して見えるという効果があります。これらは色相に関係あり、黒に近い程縮んで見え、白に近い程膨張して見えます。

コレはファッションの分野でも使われているように足の細く見せたい場合は黒のストッキングを着用すると伸縮の効果があり細く見せる事も可能です。
色の雑学になりますが、 黒の碁石や墓石等も黒は伸縮して見えるため通常よりも大きく作るなど、工夫されている様です。

凹凸の原理(進出と後退)

進出と後退の例

インテリアデザインに良く使われる手法として部屋の奥行きを出す為に青を使うという方法があります。例えば、細い廊下の奥行きを出すために廊下の突き当たりに 青い装飾、もしくは壁紙を貼ると奥行きが感じられ広く感じます。

特性としては赤(暖色)は出っ張って見え、青(寒色)はへこんで見えるという事です。 これは色相と明度が影響している色の働きで、暖色、明るい色に近い程突起して見え、寒色、暗い色程凹んで見えるカラー心理効果です。

重い・軽い

重く感じる色彩と軽く感じる色彩

重く感じる色と軽く感じる色は主に色の明度が関係しています明るい色程軽く感じ、暗い色に程重く感じる特性があります。

インテリアデザインでは床の色を暗い色にし、天井にいくにしたがって、明るい配色設計をすると安定感が出ます。サッカー選手などのファッションはその逆で、 明るい色のズボンとトップに暗い色の配色設計をする事でバランスの崩れたアクティブな動きを表現できます。

重いと軽いイメージでバランスという効果も与える事が可能なのです。

地味なイメージと派手なイメージ

派手と地味の色のイメージの違い

地味と感じる色と派手という印象を与える事が可能です。これは主に色彩の彩度(サチュレーション)という概念に関係しています。

一般的に彩度が低くなると地味に感じ、彩度が上がると派手な印象になります。色の鮮やかさという概念は色の3属性(明度、色相、彩度)で最も理解にしにくい概念ですが、 地味と派手というイメージで考えるととってもわかりやすいですね!

柔い・硬いイメージの色

柔いと硬い色の比較pccs

柔らかい・硬いイメージを与える効果は主に色の明度に関係しています。色が明るくなればなるほど柔らかく、暗くなる程硬く感じます。

パステルカラーなどのソファーや寝具はソフト差をイメージした配色が多く逆に固いイメージは主に高級ブランドのショーケースやwebサイトなどに多く見られます。 硬いと重いというイメージは近くpccsトーン図で見た方が理解しやすいでしょう。左図の表は色彩検定3級でもおなじみのpccsトーン図です。上に行く程柔く下にいくほど硬い印象になります。

興奮色と沈静色

赤い薔薇と青い水の波紋

興奮色と沈静色の色の心理効果も私たちの生活の中で意図した形で利用されています。これは色の属性の色相に関係した心理効果です。

赤を見るだけで脈拍が上がったり、興奮するそうです。逆に青は血圧を下げ、気持ちを落ち着かせる効果があります。

興奮するというのは人間の血の色が赤だから?という説もあります。ファッションでは赤をアクセントカラーに使う場合も多く効果的に赤を取り入れると面白いかもしれません。

又、闘牛などで牛を興奮させる為に赤を使いますが、牛には色を判別出来ているわけではなく、私たち人間を興奮させているという作用があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
トップへ戻る

よろしければ、シェアしていただくとうれしいです☆

このエントリーをはてなブックマークに追加